夜勤バイト掛け持ち 看護師



看護師単発バイト 関西で見つけるには



トップページ » 看護師夜勤バイト » Wワーク・看護師夜勤バイトの注意点【体調管理】

Wワーク・看護師夜勤バイトの注意点【体調管理】

Wワークで体調を崩しやすいパターンは?

看護師夜勤バイトのWワークは体調管理が大切ですね。

・夜勤バイト2つをかけ持ちしてのダブルワーク
・日勤バイトと夜勤バイトかけ持ちのダブルワーク
・常勤ナースと夜勤バイトのダブルワーク

など、Wワークにも種類があります。

上記のうち、最も体調を崩しやすいのは『夜勤バイト2つをかけ持ちしてのダブルワーク』と言われています。

働き方として夜勤専従になりますし、看護師の仕事はアルバイトでもハードですよね。特に急性期病棟・救急病院のような現場で働けば、常に緊張状態が続きますから、精神的にも体力的にも厳しいのではないでしょうか。

それを2つ掛け持ちすれば…すぐに体調を崩してしまうかもしれません。そして体調を崩せば、どちらの職場にも迷惑が掛かりますので、ご自身の体力、メンタルを見極めて下さいね。

そうは言っても、人間のバイオリズムは様々ですから、中には「夜型生活が合っている」という方もいらっしゃるでしょう。

私も同じですが、

・数日の休みで昼夜逆転する
・日が沈んでから行動力が高まる

というタイプもいるんですよね。そのような方は、日勤と夜勤を掛け持ちするよりも、夜勤専従の方がリズムをつかみやすいと思います。

夜勤バイト2つのかけ持ちだけでなく、普段は夜勤専従で正社員として働きながら、「空いた日にもう少し夜勤バイトを入れたい」と考えている看護師さんもいるでしょう。

その場合も(疲労の蓄積には注意ですが)、夜勤同士のダブルワークを考えてみて下さいね。看護師紹介会社を利用することで、ダブルワーク可の夜勤バイトを探せますので。

日勤バイトと夜勤バイトのダブルワーク

次は『日勤バイトと夜勤バイトかけ持ちのダブルワーク』です。

午前中のみ、午後から夕方のみの日勤バイトで働きながら、夜勤バイトをかけ持ちする看護師さんもいますね。その場合も体調管理に注意して下さい。

同日に日勤バイトと夜勤バイトをかけ持ちすれば、一気に疲労が蓄積します。物理的には可能かもしれませんが、不眠不休で働くのはリスクが高いですよ。

年齢的に若くても、無理がたたれば倒れてしまいますからね…。私の知人も働き過ぎで倒れましたし、それは看護師バイトも変わりません。

ナースの仕事は生死に関わりますし、1つのミスにより、取り返しのつかない事態に発展することもあるでしょう。

それでも同日に夜勤バイトを入れるなら、介護施設のような比較的安定している職場が良いかもしれませんね。

日勤でデイサービスやサ高住、夜勤で有料老人ホームや介護老人保健施設、というペースなら、同日のWワークでも働きやすいのではないでしょうか。

もちろんベストなかけ持ち勤務としては、同日ではなく、別な日に日勤バイトと夜勤バイトそれぞれを入れることです。

その方が体力に余裕が出ますし、結果的に体調管理しやすいと思います。

健康を害してしまえば、働けないどころか長期療養が必要となり、結果的にマイナスになってしまいますよね。その辺りに注意して頂ければと思います。

常勤と夜勤バイトのダブルワーク

最後に『常勤と夜勤バイトのダブルワーク』があります。

常勤ナースとして病棟や外来で勤務しながら、夜勤バイトをかけ持ちする、という働き方です。

看護師バイト同士のWワークよりも、常勤と夜勤バイトのかけ持ちは、時間的にシビアかもしれません。

特に残業が多かったり、急な出勤が必要な職場で常勤ナースとして働いていれば、計画的に夜勤バイトを入れられないでしょう。

しかし確実に休める日があり、夜勤バイト明けのシフト負担も軽ければ、ダブルワークで働きやすいですね。

裏返せば、「時間的に余裕がなければ、常勤と夜勤バイトのかけ持ちは厳しい」ということです。

常勤で働いている病院やクリニックが副業を禁止ていないかどうか? も重要ですね。今はマイナンバー制度がありますから、内緒でダブルワークを行っても、常勤の職場にバレてしまう可能性があります。

心理的にも、禁止されているダブルワークをこっそり行うのは負担が掛かるでしょう。その負担が体調不良に繋がることもありますよ。

看護師さんなら良くご存知だと思いますが、精神的なバランスを崩した結果…「気力が萎えて体調を崩す」というケースがありますよね。

「病は気から」と言いますが、精神的に充実していればエネルギーを保てますし、逆に心配事や悩みが多ければ、どうしても体調に響くのではないでしょうか。

そのため、『常勤と夜勤バイトのダブルワーク』をお考えの場合は、

1.副業が認められているか確かめる
2.時間的に余裕があれば夜勤バイト求人を探す

という順序が良いですね。

Wワークで大切なのは時間と気持ちの余裕

以上、Wワークについてお話ししてきました。

・夜勤バイト2つをかけ持ちしてのダブルワーク
・日勤バイトと夜勤バイトかけ持ちのダブルワーク
・常勤ナースと夜勤バイトのダブルワーク

の3つのパターンを体調管理と絡めてお伝えしましたが、大切なのは『時間的な余裕』『気持ちの余裕』です。

夜勤バイトは負担が掛かりますので、まずはご自身の環境をしっかり把握して下さいね。

ダブルワーク前は「余裕があるから大丈夫」と思っても、実際に働いてみるとギリギリだった…というケースがあります。時間的にもギリギリ、気持ち的にもギリギリ、それが続けば、どうしても体調を崩してしまいますね。

その辺りに注意して、ダブルワークの夜勤バイトを考えて下さい。

【関連記事】
関西 夜勤単発 看護師バイト

MCナースネット 公式ページをチェック!

看護師求人サイト
人気ランキング

  • 看護師単発バイト 関西で見つけるには
  • TOPページ